肌が白いとたるみやシミなどのトラブルになりやすい

トップページ > 肌が白いとたるみやシミなどのトラブルになりやすい

肌が白いとたるみやシミなどのトラブルになりやすい

昔の日本人女性というのは、黒髪や色白のほうが美人だと考えられていたものですが、最近は必ずしもそうだというわけではなくなっていますよね。例えば、髪を染めていたり、わざと肌を焼いて色黒にしたりするファッションをしている人も多いですよね。

 

私の知人は相当肌が白いのですが、写真撮影をすると自分だけ白すぎて浮いてしまうから、わざと肌を焼いているという人もいます。

 

同じ女性である私が羨むような肌の白さなのですが、本人としては他の人と同じことをしたいという気持ちのほうがかなり強いようです。だからといって、若い女性全員が肌を焼きたいと思っているわけではありませんよね。

 

実際に反対に肌が元々少し黒めなことがコンプレックスになってしまっていて、相当悩んでいたり、どうにか悩みを解消したいと考えている女性だって大勢います。元々肌が白い人の場合でも、反対に肌が黒めの人の場合でも、共通して言えることは、今よりももっとキレイになりたいとか、肌を綺麗にしたいと思っているのではないでしょうか?

 

しかし、美容医学的に見ると、元々肌が白い人よりも、肌が黒めの人のほうが肌は健康的といえます。色白になりたいと思っている女性も多いとは思いますが、肌が白すぎても肌トラブルの悩みが発生してしまう可能性が高いということです。