椎間板ヘルニアをカイロプラクティックで治す

トップページ > 椎間板ヘルニアをカイロプラクティックで治す

椎間板ヘルニアをカイロプラクティックで治す

人間の背骨は衝撃を吸収するためにS字に曲がっていますが、衝撃が吸収されなければ骨と骨との間の髄核が飛び出してしまい、かなりの痛みを伴います。

 

この状態のことを腰椎椎間板ヘルニアといい、20〜40代の若い世代に多く発症し運動機能に大きく影響致します。腰椎椎間板ヘルニアは慢性的に腰痛を持っている人が発症することが多く、長時間椎間板に負担をかけていくと椎間板を破壊していきます。

 

また、その他にも強いストレスを受け続けることでも腰への負担となり腰椎椎間板ヘルニアがおこることがありますが、突発的にヘルニアがおこることは非常に少ないです。

 

そして腰椎椎間板ヘルニアがおこることで、最も大きな原因は姿勢が悪いことです。特に立っている姿勢で腰が反り返っていたりすると骨の関節と椎間板に強い負担をかけてしまいます。

 

どんな怪我にも負けない強い骨を作るのならカルシウムは欠かせません。また、カルシウム不足は骨粗鬆症以外にも高血圧の原因にもなるのです。

 

また、座っている姿勢では背中を丸めたりすることで椎間板を圧迫しヘルニアの原因となります。そこでこの椎間板ヘルニアの改善として効果のある治療法にカイロプラクティック治療があります。

 

カイロプラクティック治療は、背骨の歪みを改善し傷付いた椎間板のストレスの軽減をします。この治療では姿勢を矯正して痛みが出ないよう、無理せず行えるのが特徴です。

 

カイロプラクティック治療は5〜10回程でが目安になり早ければすぐにあらわれます。この治療ではカラダへの負担が少ないことがメリットなので腰痛になったら試しにカイロプラクティック治療を受けてみてはどうでしょうか。