PMSの治療法

トップページ > PMSの治療法

PMSの治療法

生理前の不調や生理中の不調は周囲の人には理解しにくいものであり、同じ女性でも不調の軽さや重さ、症状は様々であり、生理の度に辛く苦しい症状を我慢しているという女性も少なくありません。

 

市販薬などを飲んだり、リラックスしたり休息を取ったりすることで多少改善することはできるのですが、それでも我慢することが難し語ったりする場合には病院などを頼ることも出来ます。

 

生理の不調で病院なんてと思う人もいるでしょう。ですが最近ではこういった不調を改善することが出来る治療がたくさんあるのです。生理前に起こる身体の不調を月経前症候群と呼び、一般的にはPMSと呼ばれています。

 

生理前にイライラしたり、身体がむくんだりする症状をまとめてPMSといい、ひどい場合には精神的に落ち込んだりすることで自殺願望などが出てしまうこともあり深刻な問題となってしまうのです。そこでPMSの治療法としてよく使われるのは低用量ピルです。ピルと聞くと避妊薬をイメージする人も多く、副作用などを心配する人も多いでしょう。

 

ですがピルには排卵を抑えることによってホルモンバランスを整えることが出来る作用があるので、これをPMSの治療に役立てることが出来るのです。低用量ピルであれば副作用もほとんどなく、PMSの症状を劇的に緩和することが出来るとされています。

 

この他には抗うつ剤や精神安定剤、鎮痛剤など症状にホルモンバランスを整えるだけではなく、辛いと感じる症状に合わせて薬が処方されるのですが、実際に重度のPMSで医療機関で治療が必要な人は数%程度しかいないと言われており、病院などで相談するだけでも症状が軽くなったという人もいたりするようです。

 

参考サイト:http://xn--pms-uj4bpa2a2v6ei5gb.net/