妊娠前に生活習慣の改善

トップページ > 妊娠前に生活習慣の改善

妊娠前に生活習慣の改善

着床が起こると妊娠が始まり、ここからは約10ヶ月の長い妊娠期間になります。この時に注意しておくべきことにはどういったことがあるでしょうか。

 

まず、生活習慣を改善することがほとんどの人に必要となります。着床しやすい体質を作るための生活と妊娠後の生活は似ていますから、普段からそういった生活に整えておくと負担が少なくなることでしょう。

 

たとえば、飲酒や喫煙がある人は早めに止めるようにしましょう。赤ちゃんにも母体にも良いことがありません。アルコールは胎児の奇形や発達障害などを引き起こす可能性もありますし、喫煙は流産や早産、胎児の発達障害を引き起こす可能性があります。

 

喫煙は体の血行を阻害し、冷えの原因にもなりますし、結果着床率が下がることにもなります。しっかり事前に準備しておくことが妊活では重要です。

 

また、ストレスにも注意を払う必要があります。ストレスはゼロにすることはできないにしても、過度に抱え込まないように普段から気をつけましょう。

 

栄養バランスにも注意が必要で、特に妊娠の前から葉酸はしっかり摂取しておくことを厚生労働省も推奨しています。

 

運動も軽度のものを毎日続けていると、それが体の状態やリズムを保つためにも有効に作用するようになると言われています。

 

受精卵が子宮内膜に着床し、妊娠するようになれば体重管理の必要もありますし、またつわりなどの妊娠時特有の問題とも向かい会うことになります。そうなる前に生活習慣を改善しておくと妊娠生活がずっと楽になりますよ。